化学組成

化学組成(かがくそせい)
パワーストーン意味効果解説事典
用語解説

鉱物学上での組成による分類

化学組成は、パワーストーンの鉱物学的に分類する一つの項目となっています。

パワーストーンの意味、効果が鉱物学上での化学組成による分類と関連している場合が多々あります。
パワーストーンをより深く知るには鉱物学など科学的な背景も必要です。

元素鉱物(げんそこうぶつ)

単独の元素からなる鉱物を指します。中学校の理科で習う元素記号そのままの鉱物のことです。

金(Au)・銀(Ag)・銅(Cu)・蒼鉛(Bi)・テルル(Te)・硫黄(S)・炭素〈ダイヤモンド〉(C)など。

真鍮(CuZn)など特有の結晶構造をもつ合金についても元素鉱物に分類されるますが、し合金であってもイリジウム(オスミウム)のように単純に固溶体を形成しているだけの場合は除きます。

硫化鉱物(りゅうかこうぶつ)

金属元素と硫黄とが結合している鉱物を指します。熱水鉱床などでよく見られる鉱物です。

黄鉄鉱(FeS2)・黄銅鉱(CuFeS2)・方鉛鉱(PbS)など。

酸化鉱物(さんかこうぶつ)

金属元素と酸素とが結合している鉱物を指します。

石英(SiO2)・赤鉄鉱(Fe2O3)・磁鉄鉱(Fe2+Fe3+2O4)・チタン鉄鉱(FeTiO3)・スピネル(MgAl2O4)・コランダム(Al2O3)など。

ハロゲン化鉱物(ハロゲンかこうぶつ)

金属元素とハロゲン元素とが結合している鉱物を指します。

岩塩(NaCl)・蛍石(CaF2)

炭酸塩鉱物

炭酸塩からなる鉱物を指します。

カルサイト(CaCO3)、ドロマイト(CaMg(CO3)2)など。ホウ酸塩鉱物ホウ酸塩からなる鉱物。硼砂(Na2B4O5(OH)4・8H2O)など。

硫酸塩鉱物

硫酸塩からなる鉱物を指します。。

明礬石〔KAl3(SO4)2(OH)6)〕・セレナイト〔ジプサム・石膏〕(CaSO4・2H2O)・セレスタイト(SrSO4)、重晶石(BaSO4)

リン酸塩鉱物(りんさんえんこうぶつ)

リン酸塩からなる鉱物を指します。

アパタイト(Ca5(PO4)3(F,Cl,OH))など

タングステン酸塩鉱物

タングステン酸塩からなる鉱物を指します。

灰重石(CaWO4)など

珪酸塩鉱物(けいさんえんこうぶつ)

珪酸塩からなる鉱物を指します。尚、珪酸イオンの構造により、さらに細分化されます。

カンラン石・輝石・角閃石・雲母・長石・沸石など。

*炭酸塩鉱物、ホウ酸塩鉱物、硫酸塩鉱物、燐酸塩鉱物、珪酸塩鉱物を酸素酸塩鉱物としてまとめる場合もあります。

有機鉱物(ゆうきこうぶつ)

有機物からなる鉱物を指します。普通、鉱物は無機物からなりますが、有機物が鉱物の組成となる珍しいケースがあります。例外的な鉱物といえます。
現在、約40種しか見つかっていません。有機鉱物はさらに細分化されますが、普通は「有機鉱物」でひとまとめにされています。

水を成分として含む鉱物を含水鉱物としてまとめることがあります。(雲母、角閃石など)。