結晶系

結晶系(けっしょうけい)
パワーストーン・天然石意味効果解説事典
用語解説

結晶系とは?…石の結晶による分類

石の結晶は“基本構造”と“格子”の2点から成り立っています。
例えて言うなら、マッチ棒を立体的に組み合わせるようなものです。
マッチ棒とマッチ棒が交わる点が、結晶構造上で言う“格子点”となります。これによる結晶構造は7つに分類されます。
複数の異なるパワーストーンの相性を判断する一つの要素にもなっています。

結晶系7分類

単斜晶系
三斜晶系
正方晶系
斜方晶系(直方晶)
立方晶系
三方晶系
六方晶系


単斜晶(たんしゃしょう)

単純

単斜晶(単純)

底心(ていしん)

単斜晶(底心)


三斜晶(さんしゃしょう)

三斜晶


正方晶(せいほうしょう)

単純

正方晶(単純)

体心(たいしん)

正方晶(体心)

 


斜方晶(しゃほうしょう)

直方晶(ちょくほうしょう)とも呼ばれます。

単純

斜方晶(単純)

底心(ていしん)

斜方晶(底心)

体心(たいしん)

斜方晶(体心)

面心(めんしん)

斜方晶(面心)


立方晶(りっぽうしょう)

単純

立方晶(単純)

体心(たいしん)

立方晶(体心)

面心(めんしん)

立方晶(面心)


三方晶(さんほうしょう)

三方晶


六方晶(ろくほうしょう)

六方晶