アデュラレッセンス/アデュラー効果

アデュラレッセンス(アデュラー効果とも呼ばれる)とは、長石の類に見られる光の効果で、微妙に異なる成分を持つ長石が層状となって石の内部にあると、光があたった時、光が拡散し青か白の輝きを見せます。

アデュラレッセンス(アデュラー効果)の語源となっている石は“アデュラリア”です。

ムーンストーンに見られるアデュラレッセンス(アデュラー効果)ですが、厳密に言えば、アデュラリアの成分には長石が2種あるものの、その内の一つが大部分を占めており、層状とは言えません。このため、語源となったアデュラリアにはアデュラレッセンス(アデュラー効果)がなく、ムーンストーンに見られるという逆転が起きてしまっています。

ちなみに、青色のアデュラレッセンスを持つ石が高級とされています。


その他のパワーストーンの光の効果