アベンチュリン効果

アベンチュリン効果とは、石に含まれる物質が、きらめくように光が反射する現象のことを指します。この物質は、大量の板状結晶の構造、配列によるものです。

アベンチュリンは鉱物学上では水晶と同じ「石英」となりますが、クロムを含有したフクサイト(クロム白雲母)が微細構造として大量に含まれると緑色に、赤鉄鋼などの酸化鉄系の結晶が微細構造と大量に含まれると赤色になります。


その他のパワーストーンの光の効果